卒業生の「卒業研究」が海外学会で発表されました♪【ABAI2015 inサンアントニオ】

今年の春に卒業した佐藤すずかさん(6期生・水戸商業高校出身)の卒業研究が、米国・サンアントニオで開催された第41回国際行動分析学会議(ABAI2015)で発表されました。本学会の発表は、5期生の渡邊裕太さんに引き続き2年連続で、今年も本校学生の演題が海を渡って発表されました。スゴイ!!

佐藤さんは、在学中【徘徊する高齢者に対する適切な対応】について、ロールプレイを用いた研究をしてきました。その集大成としてそのデータをまとめ、成果を発表する運びとなりました。
発表されたポスターは、水戸看護福祉専門学校に掲示されております。ぜひオープンキャンパスでお越しになった際はご覧くださいネ!

水戸看護福祉専門学校へ戻る >