美容学科の校内コンテスト(2017夏)が行われました♪

7月18日、美容学科の1年生、2年生の【校内コンテスト】が行われました。1年生が「ヘア・アレンジ」、2年生が「オールウェーブ」で技術とセンスを競い合いました。1年生は初めてのコンテストということもあって、緊張していたようですが、一生懸命練習した成果を発揮できたようです。2年生は、美容師になるための国家試験の課題の一つ「オールウェーブ」。来年2月の国家試験に向けて絶好のコンテストとなりました!

入賞者からコメントが届きましたので紹介します!

オールウェーブ部門(美容学科2年生の部)

【優勝】
オールウェーブをやりはじめたとき、すぐにうまくできずに先生から「同じところで止まっていないで進みなさい」とよく指導を受けていました。このコンテスト1ヶ月前まで時間内に終わらず、とても焦りました。しかし、クラスの友人や先生方にアドバイスをいただき、今回“優勝”というステキな賞をいただくことができました。これも、まわりのアドバイスがあったからこそだと思います。これからも気を抜かず、練習を深めていきたいと思います。(大成女子高校出身/写真中央)

【2位】
私が入賞できるとは思ってなかったので、正直驚いています。しかし、自身満足できる作品ができていないのでこれからもっと上を目指して日々の練習を頑張っていきたいと思います。アドバイスをくださった先生方やお互い教えあい刺激となっているクラスの友人たちに感謝しています。ありがとうございました(^^)(日立第二高校出身/写真左)

【3位】
今回のコンテストを終えて、反省点と新たな目標がたくさんできました。リフトカールの高さがずれることが多く、特に左を巻きすぎるところがあったのでたくさん練習しました。先生方からも的確なアドバイスを受け、練習を重ねていくうちにうまくできるようになりウェーブが楽しくなりました。1年生の頃は、全然うまくできず、嫌いになり泣いたこともありました。ですが、今はウェーブの楽しさを知り、どんどん目標も見つかり、今回の“入賞”につながったと感じています。まだまだ直すところはたくさんあるので、国家試験に向けて頑張りたいです。(多賀高校出身/写真右)

ヘア・アレンジ部門(美容学科1年生の部)

【優勝】
テーマが「夏」ということで、最初に思い浮んだのは「海」でした。それから毎日のようにどのような作品にするか悩み、作ってはやり直しの繰り返しでした。そんな中、7月初旬に見学した「ヘアアレンジコンテスト」での作品を見て、今回のこの作品を考えつくことができました。そのとき思い浮かべたものと完璧に同じものを作れたというわけではありませんが、私なりにその想像をかたちにすることができました。そ家族や友達、先生方からも意見をいただき作り上げたこの作品で“優勝”することができて、とても嬉しいです。この結果に満足せず、他の課題についても頑張って取り組みたいと思います。ありがとうございました。(水戸農業高校出身/写真中央)

【2位】
今回「ひまわり」をイメージしアレンジを行いました。中の種の部分の編み方や花びらの大きさなど先生や友達に相談しながら決めました。編み目の細かさ、花びらをどのくらい引き出すか、前髪のあり・なし、前髪ありの場合にどのような形にするかなどのバランスも考えました。メイクも全体をひまわりのイメージにしたかったので黄色とオレンジでまとめました。最初にイメージしたとおりに、ウィッグがかわいく仕上がってとても嬉しかったです。今回のコンテストで、これからのヘアアレンジを考えるよい機会となりました。(中央高校出身/写真左)

【3位】
最後まで何を作ろうかずっと悩みましたが、「ブドウ」をイメージすることに決めました。髪の色もブドウの少し淡い赤にしました。髪の毛を盛るだけでなく、後ろのあまり目立たないところをあえて細かいアレンジを加えたりしてブドウ一色に染めました。正直、入賞できると思っていなかったので名前を呼ばれたときは驚きと嬉しさで涙が出そうでした。最後まで諦めずに作れたことは本当に良かったです。来年のラインディングのコンテストでも入賞できるよう頑張っていきたいです。(東海高校出身/写真右)

入賞した人も、できなかった人も本当にお疲れさまでした。
コンテストに向けて、朝早く練習したり、遅くまで残って練習に励んだ学生もいるかと思いますが、
これからも練習を重ね、技術を磨いて、経験をいっぱい積んでくださいね!

水戸ビューティカレッジへ戻る >