プロの現場と同じ充実の設備で学ぶ

最新の充実した設備を完備していることも、水戸自動車大学校の特色です。
整備工場同様の環境で実習ができるので、就職後の即戦力となる人材が育っています。
実習車両も各種メーカーの自動二輪から大型車まで多様なタイプを導入。常にきちんと整理整頓された道具や実習設備は、メカニックの原点でもあります。


立体式フレーム修正機
損傷を受けた車両の寸法をミリ単位で修復することができます。
エンジン実習車両
塗装ブース
温風乾燥機付きで、水性塗料にも対応した環境配慮型の本格ブース。
小型車両検査ライン
ブレーキテスト、運転計測定、ヘッドライト調整など、車検に関わる検査を一つのラインで行えます。
大型車両検査ライン
大型車の車体の検査ができるラインです。
二輪車用検査ライン
二輪車用の車検の検査ができるラインです。
四輪アライメントテスタ
ホイールにセンサーを取り付け、角度や四輪の位置関係を測定します。
シャシダイナモメータ
走行状態と同じ条件でエンジン出力の測定が可能です。
実習車両
実習用二輪車両

工具図鑑【1〜4年の間に使う工具】

基本工具セット