水戸自動車大学校が“選ばれる理由”がここに!次世代のメカニックを育成する6つのポイント

【ポイント1】手厚く指導するから資格取得率が高い!

各種国家資格を取得するという目的達成のために、教員が一丸となって手厚く指導するので、高い資格取得率を誇っています。難関の1級自動車整備士をはじめ、2級自動車整備士・車体整備士の資格取得率は、毎年100%近くを維持しています。


【ポイント2】現場経験豊富な講師陣が集結!!

水戸自動車大学校の講師陣は、現場でメカニックとして豊富な経験を持つ本校の卒業生が多く、学生により近い存在として指導にあたります。実際の現場での経験を交え、興味深い内容の実習や講義を展開。プロの整備士として必要なものを伝えていきます。


【ポイント3】求人数と就職率は県内トップクラス!!

メーカー系の学校ではありません。各メーカーの車両整備を学び、どのディーラーに就職しても対応できる技術と知識が身につきます。また、社会人としてのマナーや仕事に対する意識の持ち方もしっかり学習するので、就職した先輩たちの評価も高く、さらなる求人に結びついています。


【ポイント4】期待高まる女性メカニックを育成

最近は自動車のシステム化が進み、女性が働きやすい環境が整ってきました。繊細で細やかに仕事をこなし、女性ドライバーも安心して相談できる女性メカニックが水戸自動車大学校でも育っています。


【ポイント5】人間力を育てる!!

水戸自動車大学校では技術・知識だけではなく、社会人としてのマナーやコミュニケーション、自分を表現するプレゼンテーション能力を高めるカリキュラムがあります。若者をたくましく生きることのできる人間力あふれた大人に育てます。


【ポイント6】学ぶ環境と設備が充実!!

各学科の実習棟は、最新の設備を完備していることも水戸自動車大学校の特徴。実習車両は各種メーカーの自動車二輪から大型車両まで多様な車種を導入。地元企業からの寄贈車も多く、最新技術を実車を使い、学ぶことができます。様々なメーカーに就職しても即戦力となる人材が育っています。


企業との連携授業が豊富

地元有力企業との協力で時代が求める最新の技術と知識を習得

水戸自動車大学校では、大手ディーラーとの連携授業が多くあります。なかでも本校卒業生が授業の講師となり後輩たちを指導する場面も。先輩から整備技術はもちろんのこと、「学校」と「会社」との違いやお客様の対応などの社会人としての「心得」も学ぶことができます。学生たちは、先輩の姿を見て、将来のヴィジョンを持つことができる良い機会となっています!

なぜ、連携授業が多いの?

水戸自動車大学校は「職業実践専門課程」の認定校となっているため企業との結びつきが強く、共同でカリキュラムを作成するので、最新の「知識」「技術」「技能」を実践的な方法で学ぶことができます。それは、学生だけでなく、本校の教員の実力UPにもつながっています。


水戸自動車大学校+茨城トヨペット

水戸自動車大学校+北関東マツダ

水戸自動車大学校+茨城三菱自動車販売

水戸自動車大学校+茨城日産/日産プリンス茨城