職業実践専門課程 認定学科 車体整備学科 車体整備コース 【3年制 2級自動車整備士(2年)+車体整備士(1年)】

実践的授業が即戦力を生む!!

板金・塗装のセンスを引き出す。2年間で2級自動車整備士の資格を取得し、3年目にさらに車体整備の国家資格を取得します。車体整備の基礎知識と共に数多くの実習を通して損傷診断や板金・塗装など、即戦力となり仕事の現場で役立つ技術を学びます。


カリキュラム

1・2年次 2級整備士取得を目指す

2級自動車整備学科の内容に準じ、2級自動車整備士取得を目指します。

→2級自動車整備学科のカリキュラムはこちら


3年次 車体に関する知識、技術の取得。

基礎知識から、ボデー・アライニング、塗装、損傷診断までを学び、損傷車両を使って総合的に車体整備の理解を深めます。

【学科】

  • 材料
  • 車体整備I・II
  • 総合演習
  • 力学
  • 工業製図整備概論
  • 損傷診断
  • 構造機能
  • 自動車検査

フレーム修正実習
本格的なフレーム修正機を使います。事故で歪んだ車両のフレームを10トンの強力な力でフレームを前後左右、上下に押したり引いたりして復元していきます。

板金・溶接実習
事故などでダメージを受けたクルマのボデーを元通りに修正、修復を行います。車のキズや凹みは一台一台違いますので、様々なタイプの事故車両で実習していきます。

パテ実習
ボデーのキズは凹みをパテと言われる補填材で成形していく技術を学びます。簡単な作業に見えますが、いかに自然な仕上がりにできるかがポイントです。

調色実習
原色の配合データに基づいた計量調色を実際に行い、調色作業で得た配合データをもとに、数種類の塗料を混ぜ合わせ、1つの色を完成させる作業です。

塗装実習
板金作業で整えられたボデーなどに吹きつけ塗装を行います。ムラがなく、美しく塗装するためにくり返し練習しながら塗装テクニックとセンスを磨きます。

在校生の声

車体整備学科3年(東海高等学校出身)

その技術が一生ものになる!

車体整備学科では「、板金」と「 塗装」の大まかに2つで区切られていますが、完成に到達するまでの細々とした作業がたくさんあります。そのなかで好きなのは「パテ作業」です。粘土のようなものをキズや凹み部分に塗り隙間を埋めたり、形を作り出すときの達成感がとても好きです。どんどん先生からアドバイスをいただき、多くのことを吸収できるように頑張ります!


資格合格・就職実績

【最終目標資格】自動車車体整備士・2級ガソリン自動車整備士・2級ジーゼル自動車整備士・2級自動車シャシ整備士
10年連続合格率100%!

【就職率】開校以来100%!

主な就職先
  • 茨城トヨタ自動車
  • ネッツトヨタ茨城
  • トヨタカローラ新茨城
  • 茨城日産
  • ホンダカーズ茨城
  • 茨城ダイハツ
  • 茨城三菱
  • 茨城いすゞ
  • 茨城トヨペット
  • ネッツトヨタ水戸
  • トヨタカローラ南茨城
  • 日産プリンス茨城
  • スズキ自販茨城
  • 北関東マツダ
  • 茨城スバル
  • 茨城日野

※一部抜粋